楽天ポイントをEdyに交換はお得?

楽天ポイントがEdyに交換出来るようになりました!楽天市場で使うのとEdyに交換して使うのはどちらがお得なのでしょう?そんな所を例から詳しく解説します!
貯まった楽天ポイントをEdyで利用できるようになりました。
(ただし、期間限定ポイントは除く。)
楽天ポイントを楽天市場で使うのと、Edyで使うのはどちらがお得なのでしょう?

ここでは楽天市場で10,000円の商品を購入、Edyで10,000円利用(トータル10,000円、楽天ポイント10,000ポイント利用)するというケースを考えてみましょう。
楽天市場で楽天ポイントを利用した場合はEdyチャージを楽天カードにて行います。
わかりやすいように、ショップの倍率は1倍で楽天カード以外のイベントには参加してないものとします。(どちらも参加可能な為)


ケース1:楽天市場は楽天ポイントで全額支払い (Edyはカードにてチャージ)
■楽天市場
購入金額:10,000円
利用楽天ポイント:10,000ポイント
支払額:0円(全額ポイント払い)
付与楽天ポイント:100ポイント

■Edy利用
Edyチャージ額:10,000円
Edyチャージ楽天ポイント付与:0〜100ポイント(キャンペーンとチャージ方法で変わる)
Edy利用での楽天ポイント付与:50ポイント
合計付与楽天ポイント:50〜150ポイント

「このケースの楽天市場・Edy利用におけるトータル付与ポイントは150〜250ポイント(還元率0.75〜1.25%)」

ケース2:楽天市場は楽天カードにて全額支払い (楽天ポイントはEdyで利用)
■楽天市場
購入金額:10,000円
利用ポイント:0ポイント
支払額:10,000円(カード払い)
付与楽天ポイント:200〜300ポイント(楽天カードは楽天市場でポイント2〜3倍)

■Edy利用
Edyチャージ額:10,000ポイント
Edyチャージ楽天ポイント付与:0ポイント(全額ポイントチャージ)
Edy利用楽天ポイント付与:50ポイント
合計付与楽天ポイント:50ポイント

「このケースの楽天市場・Edy利用におけるトータル付与ポイントは250〜350ポイント(還元率1.25〜1.75%)」


<結論>
楽天市場は期間限定ポイント&残りは楽天カード払い、Edyで利用出来るポイントは積極的にEdy交換する方がお得!
(ただし、Edyを普段利用している方に限ります。)

・楽天市場の楽天カード利用がお得(ポイント2〜3倍)
・楽天カードのEdyチャージで貯まるポイント(ポイント0〜0.5倍)
この辺の付与率の違いを意識すると、積極的にEdyに交換して利用した方がポイントが多く溜まりやすくなります。
なお、Edyのチャージを他社カードで利用する場合でも、「還元率0.5〜1.0%程度の一般的なカード」であれば楽天ポイントをEdyに交換する方がお得です。

最大で1%の差があるので、長い目で見ると大きな差となるものです。

■スポンサードリンク